これでいいんだ!


提示された課題がなかなか出来ず、

お子さんがやる気をなくしてしまうことはありませんか?

それでも頑張って課題に取り組んでいる時に

完璧でなくても
一部でも出来ている箇所があれば
思いきり誉めてあげるといいかもしれません!

先日、出来ないと言いながら、
なわとびに取り組むお子さんに対して、

前から出来ていたことであっても、
一回だけ跳べた瞬間に、
「すごいやん!」と誉めました。

すると、
お子さんはキョトンとした表情を見せました。

お子さんは何で誉められたのか
分かっていない様子でしたが、

「じょうずに跳べてるよ」と
誉めた理由を教えてあげると、

お子さんは、これでいいんだと再認識し、
次からは「見て~!」と
出来ることをアピールしてくれました!

楽しく課題に取り組んでくれると、
セラピストも嬉しいですし、

お子さんのやる気も違うので、
課題の進み方も早いです(^^)

お子さんによって、
何が嬉しいかは違いますが、

誉めるタイミングを
見逃さないことが大切ですね!