合いの手


行動セラピストの中川です。

朝は台風のせいで雨が強かったですね。

警報が出て学校がお休みになったお子さんも

いらっしゃるのではないでしょうか?

さて、今回はセッション中に

和んだできごとを紹介したいと思います!

DTTの休憩中、なんとなく

「アンパンマンは君さ〜♪」と鼻歌をうたっていたら、

ある男の子が「ヘイッ!」と合いの手を入れてきてくれたんです!

その子がアンパンマンを好きなのは知っていましたが、

それまで一緒にアンパンマンの歌をうたったこともなければ、

何かの歌に合いの手を入れるといったことも

したことがなかったので、驚きました。

ノリノリだったのが可愛くて、「ヘイってなに〜?」と聞いてみたところ、

いとこのお姉ちゃんが同じように歌っていたのだそうです。

誰かがやっていたことを自分から真似できることは

すごく大事な一歩ですよね。

それに、普段は幼稚園であったことや前の日のできごとなど

聞いてもあまり答えてくれないことが多いのですが、

話したくなるきっかけがあれば話せるんですよね。

これからも、子どもたちが自分から話したくなるような

楽しい状況を作っていきたいと思いました(*^^*)