フレンチレストランのシェフが手がける福祉


こんにちは!

行動セラピストの武藤です。

 

今日のブログでは、

フレンチレストラン「ル・クロ」で

行われている素敵な福祉の取り組みをご紹介します。

 

フレンチレストラン「ル・クロ」は、

大阪を拠点とし、フレンチの本場パリにもお店をもつ、

大人気のフレンチレストランです。

 

オーナーシェフの黒岩 功さんは、

「障害者がプロと出会う場を」という想いで、

レストランの場を使った就労移行支援事業所や放課後デイサービスといった

障害者の福祉事業所を手がけています。

 

私も以前レストランにお伺いしたのですが、

お料理が素晴らしいのはもちろん、

黒岩さんの温かいお人柄や、そこで働かれているスタッフの方々の生き生きとした笑顔が素敵で、

すぐにお店のファンになってしまいました。

そんな黒岩さんの手がける障がい者福祉事業が、

先週、読売テレビtenのノゾキミのコーナーで紹介されていました!

 

しばらくは、こちらのURLからも見られるようですので、

まだご覧になっていない方は是非チェックしてみてくださいね(^^)

http://www.ytv.co.jp/ten/corner/nozokimi/