好子


行動セラピストの永冨です。

 

セラピーではできる限り、おやつなどの食餌性好子は使用しないようにしています。
その代わりに

「先生と一緒にお勉強をしたい」

「先生に褒められたい」

「勉強してできた時が嬉しい」

そうお子さんに思ってもらえるようなセラピーを

維持できたらと思っています。

 

そのため、好子アセスメントから得た

好きなキャラクターを教材に用いることもあります。
教材に興味をもてたら、

自然と課題に取り組むモチベーションが高くなります。
すると、誤反応も起きにくく、

褒められることも増えてきます。

 

お子さんがセラピストの褒め言葉を模倣するぐらい要求するようになると、

どんな課題にもモチベーションを高めることができます。

 

お子さんの楽しみとセラピストとの関係性をこれからも維持していきます。