掃除機が好き?


掃除機を出すとその場から動かなくなり、

スイッチを入れると、すぐ後ろをついてくるお子さんがいます。

次第には、掃除機に抱きつくようになってきたので、

 

よく観察してみると、

掃除機が好きというより、どうやら排気が好きなようでした。

これでは掃除も進まず、掃除機の排気はあまりいい空気とは言えませんので、

どうしたら離れてくれるのか、考えてみました。

 

身体プロンプトで掃除機から離す方法もありますが、

離すときに嫌がって暴れてしまうかもしれないので、
この方法はやめました。

 

そこで、
子どもが掃除機に近づいたら
スイッチを切ることにしました。

すると、
近づくたびに掃除機が止まるので、
子どもは徐々に近づいて来なくなります。

もちろん、
誉め言葉を忘れてはいけません!

掃除機が止まって、
子どもが掃除機から離れた時にすぐ誉め、

再びスイッチが入っても、
近づいて来なかったら、
思いきり誉めてあげます!

 

掃除が終わるまで
時間はかかりますが、

掃除の後半になると、
離れた場所から掃除の様子を見ているお子さんが、
とても微笑ましく思えました(^^)

もちろん、その間も、
「えらいね~!」と誉め言葉は大切です!

 

きっとまた後日、掃除機を出すと
近づいて来るかもしれませんが、

諦めずに続けると、その頻度は減り、
次第に無くなってくるでしょう。

 

このような方法は、根気が必要ですので、
心の余裕と、時間があるときに
練習してみてくださいね。

 

根気は必要ですが、
叱ることなく誉めながら、
望ましくない行動を減らせる方法なので、
良い方法ですよ(^^)