物へのこだわりが強いお子様


行動セラピストの武藤です。

 

自分のお気に入りのものは独り占めしたい!

周りの人にちょっとでも触られるのは嫌!

という、物へのこだわりの強いお子様がいました。

 

お家の中で、ご家族がちょっと触れた時に大きな声で抵抗をしたり、

集団の場面で泣いてしまったりする等の場面があり、

「物をシェアする」という練習をセラピーの中でも取り入れることにしました。

 

 

当初は、お子様が大好きなボールで遊んでいる時に、

「先生も遊びたいな〜。ボールを貸して?」と声を掛けると、

「いや〜!」という反応でしたが、

 

その次に、別の色のボールを見せながら、

「ピンクのボールもあるよ!先生のボールと交換する?」と声を掛けると、

ちょっと迷いながらも

「こうかん!」と言ってお気に入りのボールを渡すことができました。

 

その際に、

「わ〜!ありがとう!優しい〜!先生、嬉しいよ!」等、

いつもよりオーバーな言葉かけ+ボディータッチをしました。

 

すると、その反応がとても嬉しかったようで、

その後は「こうかん!」と自分から渡せることが増えていきました。

 

また、セラピーを重ねていく中で、

一緒にシェアして遊ぶことが楽しい

ということも体験していくことで、

「貸して?」のお願いにも「どうぞ」とスムーズに渡せるようになっていきました。

 

そして・・・この間のセラピーでは、

初めて、好きな写真やビデオを

「先生見てー、ママ見てー」と自ら見せに来てくれました!

 

”好きなものを人とシェアするって楽しい”

”好きなものを一緒に見たい”という気持ちが育って

行動できるようになったことを私も本当に嬉しく思いました。