走り幅跳び


学校の体育の授業で走り幅跳びをしたが

助走してからジャンプしないといけないことが分からず、

そのまま走ってしまった、

というお子さんがいました。

 

そこでセラピーで走り幅跳びの練習をすることになりました。

 

まず、

お家の外の安全な道で

縄跳びなどの紐でラインを示して

セラピストが見本を見せました。

 

が、お子さんはピンときていない様子…。

 

「まねしてやってみて」

手をつないで「一緒にやろう」と誘っても、

ただ走るだけになってしまいました。

 

そこで、「走り幅跳び」を、

細かい行動で分けてみました。

 

(1) スタート地点からラインまで走る

(2) ラインから目印までジャンプする

という2つの行動に分けることができました。

 

お子さんは(1)の行動はクリアしていたので、

(2)に困難があると考えました。

(2)の行動の難しいところは、

片足で踏み込むこと、

さらに、離れた場所にジャンプすることだと仮定しました。

 

そこで、お子さんが習得しているケンケンパを使うことにしました。

輪っかを用意し、

1つの輪っかは「ケンケン」、

横並びの2つの輪っかは「パ」で、

両足で着地です。

 

ケンケンパをして、お子さんがのってきたら

「パ」の位置を、ケンケンの場所から少しずつ離していきました。

 

ケンケンパを示す輪っかのフェーディングができたら、

あとは助走の行動とくっつけるだけです。

一応形は「走り幅跳び」にまりました。

何度か練習すれば、スムーズな「走り幅跳び」になると思います。

 

あとは、練習とは違う学校での般化が重要です。

 

一見難しそうで複雑な行動でも、

分解してみたらとてもシンプルになります。

それが分かると、

ある行動を身につける練習をするやる気になりますね♪