鉄道博士


永冨です。

 

鉄道博士のお子さんがいます。

セラピーに行くと、必ず

「今日は、何線で来たの?」

と聞いてくれます。

その質問にこたえると、嬉しさを体全体で表現してくれます。

 

興味が限定しているところもあり、広げてあげたいところですが、

すでに興味のあることをあえて制限する必要はないと思っています。

 

もちろん、コミュニケーションとして、鉄道の話ばかりされては困りますが。

子どもが好きなこと、興味があることは満たしてあげたいと思っています。

 

先日のセラピーで阪神電鉄のパズルを作ってあげました。

関東に住んでいるお子さんにとって

阪神電鉄の電車はうまれて初めて見るものだったのでしょう。

 

とても目を輝かせて、

「これはどこにあるの?」

「他にもあるの?」

と聞いてきました。