集中力


子どもにとって
やりたいことを取り組む時と、

宿題などのやらなくてはいけないことを
取り組む時の集中力は、

それぞれ違いますよね。

 

あるお子さんの場合、
勉強している時は、
周りの刺激によく気を取られ、
集中力もすぐ切れてしまい、
すごく時間がかかってしまうのですが、

得意なことになると、
見事な集中力を見せてくれることがあります。

手先が器用なので、折り紙や、
あやとりを楽しんでいることの多いお子さん。

最近、クリスマス工作の作品を見て
「ぼくも作りたい!」と、
やる気を見せてくれました!

でも材料がなく、
すぐには取りかかれませんでした。

すると次の日、自ら材料を用意し、
せっせと作り始めたのです!

教えたのは始めの取りかかりだけ。

のりしろや折り目、貼り付け位置などは、
見ただけの作品から真似て、
見事に完成させたのです。

その能力と集中力には驚きましたが、
こういう工作が本当に好きなんだと
強く感じた瞬間でした。

その日は早く工作をしたかったのか、
勉強もササっと終わらせたのです。

苦手な勉強も、
あとに好きなことや、やりたいことがあると
それだけ集中力を高めることができるのですね。

 

得意なことや好きなことは人それぞれ。
好子を上手に使えば、集中力を高め、
その子の能力を伸ばすことも
出来るのだと感じた日でした。