5歳児の予習


行動セラピストの永冨です。

 

 

最近、文字の読み書きを学び始めたお子さんがいます。

 

これまで、なぞり書きや色塗り課題ではなかなか興味がもてず、

面白くなさそうで、線からはみ出しても気にしないという状況だったので、

どうしたものかと思っていました。

 

そんなお子さんが文字の読み書きを学ぶと、

ペンを自分から持ち、課題に積極的に取り組むようになりました!

 

それだけでなく、「習得が早いな〜!」と思っていたら、

ご家庭でのセラピーでお子さんから自主的に文字を書いているそうです!

 

自分から言われることなく、課題の予習を行っている話を聞いて、とても嬉しくなりました。

 

例え発達的に適切な目標であったとしても、子どもに関わる大人が、

子どもから学びたい!もっとやりたい!もっと教えて!

と思えるような仕掛けを用いたり、子どもの様子から何に興味があり、

何を教えたら子どもが喜ぶかを知ったりすることが大事なのだと思いました。