総合行動教育サービスとは?

BECでは行動セラピー、スクールシャドー、コンサルテーション、ワークショップ、研修会・講演会、上村塾などの包括的で積極的なアプローチによって、クライエント様のニーズが充足でき、QOL(生活の質)の高い学校生活、コミュニティ活動、日常生活、職場生活が送れるようサービスを提供しております。

行動セラピースクールシャドー行動コンサルテーションワークショップ

行動セラピー(家庭訪問制)

サービスエリア:関西・関東エリア
セッション回数:就学前は週2回/修学後は週1回(1セッション=2時間)
*週3回以上、1セッション2時間以上をご希望の場合はご相談ください。
対象年齢:制限なし

ABA(応用行動分析)の原理に基づいて、言語・コミュニケーション、認知、社会性・協調性、遊び、身辺自立、運動機能、コンプライアンス(従う姿勢)・(プレ)アカデミック等のスキルアップや問題行動の改善に向けて行動セラピーを行います。

行動セラピーと平行して月に1回の行動コンサルテーションを行い、行動セラピーの進展状況の確認や保護者による行動セラピーの定着化と家庭療育での課題・教材提示をしています。

*早期集中行動介入(EIBI:4歳前から開始して週20時間以上の行動セラピーを2年以上行う)ことによって、知的能力の向上や障がい特性を改善する可能性を最大限に広げることができます。

thmenu

スクールシャドー(学校訪問制)

お子様の通われている学校へ直接訪問し、直接的に援助(シャドー)をすることで、IEP(個別の指導計画書)のゴールが達成できるように支援を行っています。

また学校関係者(担任・補助教員、特別支援教育コーディネーター、学校心理士、臨床心理士 等)の方々にABA(応用行動分析学)の技術を導入していただきながら、学校における児童生徒の行動修正および行動管理をしていきます。

※サービスを提供するにあたり、学校長および担任教員の書面での許可が必要です。

行動セラピー・スクールシャドー実施までの流れ

iep1

yajirushi

iep2

yajirushi

iep3

yajirushi

iep4

行動セラピーに含まれる内容

1.機軸行動発達支援法(PRT=Pivotal Response Treatment®)

  • 経験的に効果が実証されてます
  • 子どもの発達的要素とABAのテクニックが融合された、自然環境下で学習機会を提供する広範囲なセラピーです。
  • 机上以外で遊びや活動を通して行います

発明者:Drs.Lynn and Robert Koegel,(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
:Dr.Laura Schridman,(カリフォルニア大学サンディエゴ校)

2.不連続試行法(DTT=Discrete Trial Teaching)

  • 経験的に効果が実証されています。
  • 構造的、システム的にスキルを細分化して教えるセラピーです。
  • 机上で行います。

発明者:Dr.Ivar Lovaas,(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

3.自助スキルトレーニング(Self-Care Skills)

illust9

  • 生活していく為に必要なスキルを教えます。
    例:手洗い、歯磨き、着替え、入浴、髪をとかす、トイレットトレーニングなど

 

4.問題行動の対処

illust10癇癪(泣く、叫ぶ、物を投げつける 等)、暴力、暴言、破壊的行動、自己刺激行動(手をひらひらさせる、身体を前後に動かす、同じ事を繰り返す 等)、同一性保持(同じ道を行きたがる等、異常なまでの執着行動) 、エコラリア(反響行動=相手の言葉をそのまま繰り返す言語行動)等の問題的行動に対して積極的行動支援(PBS)の原理に基づいて、望ましい行動を増やしていくことで、必然的に問題行動を減少させていきます。

5.ペアレントトレーニング

セラピーの効果的な行い方、課題の進め方、教材の推薦や作り方等を解りやすくクライエントの保護者に説明します 。

6.コンサルテーション

行動セラピー中のデータ分析結果に基づいて保護者と行動コンサルテーション(月1回)を行い、個別療育プログラム (IEP)の更新や修正、また、その他の質問に対してわかりやすくご説明します。

7.その他

ピアトレーニングやソーシャルスキルトレーニング

コンサルテーション

(家庭・学校・企業・施設訪問/来談(神戸)/Skype™/電話)

サービスエリア:日本全国・海外
セッション回数:制限なし(1セッション=2時間〜)
*1セッション2時間以上をご希望の場合はご相談ください。
対象年齢:制限なし

子どもにとって親の影響は壮大です。
「親のある特定の行動を真似してしまう」
「親が無意識に不適切行動をしている」
といった事は日常茶飯事に起こっています。

親がABA(応用行動分析)の知識と実践のトレーニングを受けることにより子どもに対する深い理解、効果的な教授法、挑戦行動などへの対応力を上げていきます。

「トレーナーからトレーナーへ」

というモデルを根本に行動スペシャリスト・コンサルタント(トレーナー)から親(トレーナー)を行動セラピストにすることを主とするサービスです。

家庭

ABA療育を家庭で効果的かつ継続的に実施するために必要な知識と技術(DTT/PRT/PBSによる課題の進め方、教材アイデアの提供、IEPの作成・更新、データ分析など)の指導をしていきます。
関わる時間が一番多く、介入のコアであり重要な役割となる保護者・療育者を自然環境下でトレーニングしていくことで、ABA家庭療育の実践力を身につけていきます。
様々な悩みやご質問に対してわかりやすく具体的にお答えする療育相談も行っています。

学校・施設

学校や施設に伺い、個人の適切行動の形成や問題行動の対応などを、わかりやすくかつ効果的な行動介入をご提案します。

企業

企業での応用行動分析学には「組織行動マネジメント」(OBM)という領域があります。営業活動の活性化、スタッフのマネジメント(勤怠管理、接客行動、生産性の向上 など)、リスクマネジメントなどについて特に行動の問題を解決していくためにコンサルテーションを行っております。

Skype™/電話

遠方にお住いの方やご都合で訪問や来談が難しいご家庭には、Skype™またはお電話でもコンサルテーションも実施しております。

ワークショップ・講演会・研修会・上村塾(日本全国)

ご依頼に応じてABAや療育に関するワークショップ・講演会・研修会・上村塾を開催しております。

ワークショップの詳しい内容はこちら