まさかの


行動セラピスト・コンサルタントの鈴木です。

 

産休に入る前にセラピーをしていたお子さんの話です。

当時5歳の男の子。

その時、建物の話をするのにはまっていて、

折り紙や画用紙を折ったり、クレヨンで描いたりして、

50回建てのビルだよ!

この階は焼肉屋さんで〜、

僕の部屋はここで〜、

などと話していました。

 

ある時、「先生と先生の旦那さんもこのマンションに住んでいいよ!」と。

やったー!先生たちのおうちは何階かなあ?と聞くと・・・

「先生は5階、先生の旦那さんは8階!」

 

べ、別居!?(笑)

まさかの!

 

後でお母さんと「先生の旦那さん」ていうのはよくわからないけど

「センセイノダンナサンという人」で、

先生の知り合いか友達かなんかと思ってるんだろうなと。

結婚とかもよくわからないんだろうなあ、という話をしました。

確かに、子どもがいない夫婦だけ、

というのはよくわからないかもしれないですね。

 

先生はママになったんだよ、

先生の旦那さんは先生の赤ちゃんのパパだよ、

と説明したらなんとなく想像がつくのかな?